【完全版】ゾーン設計、見やすさを追求した両面非球面でお作りした眼鏡(斜視入)

  • Pocket
  • LINEで送る
機能性両面非球面レンズ

正確に書くとわかりづらいので、都合のいいように書きます。

ゾーン:一定の範囲内の視野を改善する、レンズ設計

    1. そのレンズ固有のカーブを有しているわけではなく、場所によって、カーブや厚みが違う。(同じ度数の両面非球面レンズの基本的なベースカーブと比較して)
    2. 従来、眼鏡レンズの度数は、“点”で計測され、指定されたポイント数ヶ所にて度数が正確に出ているか?
      というのが正確に作れているかの指標でした。(ざっくり、わかりやすく言うとこんな感じ)
    3. その測定ポイントを増やし、そのエリア全体で均一の性能を目指す人間の視野もエリアによって見え方が変わるので、それに合わせた設計

(カメラのオートフォーカスの測定ポイントが増えた説明を思い浮かべていただければ、わかりやすいです)

両面非球面レンズ

エリアによって、歪みや厚みが変わっております。
もちろん、これは意図的にしていることであって、そのほうが良いからです。

全部、見やすいようにすればイイじゃん!
という声も聞こえてきそうですが、見やすさ優先すると、どうしても厚みが出るのです。
各社、大体2種類の両面非球面レンズを出しています

  • とにかく薄いレンズ、見栄え優先
  • 歪みを少なく、見やすいレンズ

(同じ両面非球面のカテゴリーでの比較、片面非球面や球面設計よりは、基本性能が上です。当然ながら)

中には、1流メーカーでも薄く平らなレンズのみのところもございます。

機能性両面非球面レンズ

特に目新しい理論でもなく、最新の設計というわけでもありませんが、
ご存じない方も多数いらっしゃるのではないかと思います。

何故かと言うと、高価なレンズだったからです。

近年の統一価格のブームで、このクラスのレンズを選択されることはほとんどなくなり、
店舗側も購入者側も選択肢から存在自体が消えていた状態です。

特別にこだわる方や、見え方に我慢のならない方等をのぞき、
安いほうがいいというのが、大半です。

そして、バリュー(対価)はあるのかどうか?
という判断のもと、消えていくのです。

商品の善し悪しは、関係ないのです。

オススメの方

fz2
個人的に見栄っ張りに用はないので、見栄えだけを重視して、欲しいという方はおっしゃって下さい。

画像の通り、

  1. 視線移動の多い方
  2. 緻密・精密な作業の多い方(または、職業の方)
  3. 左右差がある方

特に2.は重要です。

両面非球面を販売した理由

・根本的にお客様が首を縦に振らなければ、販売はできません。
・小売としては単価が上がるので、高価なものが売れれば、それは嬉しいし、
銀行も推奨(←笑)

・価格も安くなり、このレンズ基本は、16,000円~(当店希望小売価格、2枚1組、税別)

s2-IMG_20160403_114613

それはそれとして、
この方、

  • 右が近視
  • 左が遠視
  • その上、左右ともに斜視

です。
左右の度数差は、慣れていれば、許容範囲ですが、
プラス側とマイナス側にまたがっているのは、いただけない。

見える像の大きさがかなり違いますから、不必要な歪みは極力排除したいところです。

s2-IMG_20160403_114637

s2-IMG_20160403_114649

度数は一緒ですが、薄型レンズのほうがいいのです。
この辺りの理由は、上記に書いたとおり、点での測定と一定範囲の品質です。

更にプリズムが入ると、歪みも大きくなりやすいですね。

対策としては、歪みを感じにくいように、
1.レンズ面積の小さなフレームを選ぶ
2.より薄型で、なおかつ非球面または両面非球面レンズを選ぶ
です。

それでも、このくらいの差は出てきます。
s2-fz5

多少差はあるものの、マイナスレンズであれば、中心部が薄く、左右の外側は同じように厚い。
プラスレンズであれば、中心部が厚く、外側は薄い。
(プラス側は、全体的に薄くなるように経指定というものを掛けております。これもお金。オプション料金取ってないけどね)

プリズムを入れると、厚みのバランスが崩れます。

  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*